太陽光発電を行なう時に知っておきたい基礎知識

注目されている技術

海と太陽

現代の生活をする上では電気を欠かす事は出来ないです。
炊飯器でご飯を炊いたり、洗濯機で洗濯をしたり、テレビを見たりするのには全て電気が必要であり、安定した電気が供給されているからこそ、現在の便利な生活をする事が出来るのです。
そして電気は発電所で発電していますが、発電する際には資源が必要であり、例えば石油や石炭などを燃やして電気を発生させますが、同時に二酸化炭素が発生して地球温暖化の原因となり、環境に対して負荷をかけてしまいます。
それに対して太陽光発電ならば、地球に降り注いでいる太陽光をエネルギー源として電気を発生させます。
そのために、太陽光発電を積極的に利用するのは、エコで地球環境に優しくクリーンなエネルギーと言えます。

太陽光発電というのは、太陽の光を利用して電気エネルギーを取得する方法ですが、この大元となる光を物質にあてると電気を発生させる仕組みは、1839年に発見されており、これを光起電力効果と言います。
そして、太陽光発電の元とも言える太陽電池が発明されたのは、光起電力効果が発見されてから100年以上経った1954年であり、アメリカで発見されました。
その4年後の1958年に初めて太陽電池が実用化されましたが、当時の太陽電池は非常に高価であったために一般家庭向けではなく、人工衛星の電力として用いられました。
その後は、1970年代の石油危機で限りある資源を大切にするという事で、太陽光発電が徐々に注目されるようになっていきました。
1997年の京都議定書で温室効果ガスの削減のためにさらに注目され、それ以降も国から補助金を出す事により普及に努めたり、現在も発展し続けています。